与沢翼さんとホリエモン(堀江貴文さん)は
よく比較されますが、

与沢翼さんが出た後にホリエモンと比較すると、
後者がかなりまともに見えるくらい、
与沢翼さんの稼ぎ方はグレーな部分が濃いというか、
かぎりなくブラックに近いです。

ホリエモン

音声も撮ったので、聞きながらだと、わかりやすいと思います。
⇒ この記事の音声を聞く

ホリエモンは株式の分割とか不正操作とか
いろいろやっていましたが、やっているビジネス自体は
基本的にリアルビジネスだったので、社会全体に対して
価値を提供していたと思います。

対して与沢翼さんの稼ぎ方は完全にネットのみで
完結しているアフィリエイトを教えるアフィリエイト、
のようなものなので、これが社会にどんな価値を
提供しているのだろうかと考えるとはなはだ疑問です。

ただ、それで稼いだお金で彼ががんがん広告を
打ち出したり、高級な外車を買ったりして経済を
潤していることを考えると、それなりの社会貢献では
あるのでしょう。

社会貢献
例えば社会に価値を与えていないと言われる稼ぎ方で
思い浮かぶのはデイトレードやスイングトレードですが、
この道の第一人者であるBNFさんには、孫正義社長からも
資産運用の依頼がきたそうです。

BNFさんはことわったそうですが、ここからわかることは、
孫社長であっても、デイトレードのようなトレードは
認めているということです。

(BNFさんはスイングトレードですが)

デイトレやスイングトレードは、それが直接社会に
価値を与えはしませんが、市場を活性化させるという点では
貢献していると言われています。

そういう部分的な貢献でもいいのであれば、与沢翼さんの
アフィリエイトも認めなくてはいけない、と思います。