「お金のためなら手段を選ばない」と思っている人が
世の中にどれだけいるかわかりませんが、借金などで
苦しんでいる人は結構そう思っていることでしょう。

手段を選ばない

音声も撮ったので、聞きながらだと、わかりやすいと思います。
⇒ この記事の音声を聞く

「手段を選ばない」とまでは行かなくても、
「お金より大切なものはない」ということは、
借金苦の中にあっては、かなりの人が思うのでは
ないかと思います。

(また、そうした苦しい状況でそう思うことは、
正しいことでもあります)

ただ、多くの人は「手段を選ばない」とか
「お金が一番大事」とは言っても、
与沢翼さんのようにはなれないと思います。

与沢翼さんのように日本中から嫌われてでも
自分の顔を売る努力や、多くの人から恨みを
買ってでもグレーな方法で稼ぐということは、
なかなか出来ないでしょう。

見習う
もちろん、特に後者については見習う必要はないですし、
むしろ見習ってはいけないのですが、私が言いたいのは、
「手段を選ばないというのは、こういうことだ」ということです。

もし本当に「手段を選ばない」と思っているのであれば、
与沢翼さんぐらいやるべきだということです。

それも出来ない人が、「手段を選ばない」なんて覚悟が
固まった人のふりをしたり、悪人のふりをして
格好つけたりするのは、全然格好良くないということです。

やるならやる、やらないならやらない。
そのどちらにもなれないなら、潔く自覚して黙っている。
という3つの選択肢のどれかをとるしかないと思います。

そのどれも取れずに、自分の性格も自覚せずに格好を
つけたりするのは、愚の骨頂だと思います。