与沢翼さんは年収12億円ということですが、年収12億円
ということは実質手取りが6億円になります
(税金で半分持っていかれるので)。

もし

音声も撮ったので、聞きながらだと、わかりやすいと思います。
⇒ この記事の音声を聞く

ということは、与沢翼さんは今年で引退したとしても、
6億円の資産が残るということになります。

そして、その後一切仕事をしなければ、その後は収入が
発生しないので、税金もほぼ納めなくていいということです。

6億円あれば、年率3パーセントの安全な運用をしたとしても、
年収1800万円というリッチな不労所得を手に入れることが
出来ます。

なのでもし私が与沢翼さんだったら、今の時点で
間違いなく引退するでしょう。

おそらく、ほとんどの人がそういう選択をすると思います。

しかし、そういうまともな選択をする人の場合は、
そもそも年収12億円まで行かないのだと思います。

引退
ここで引退するということをはなから考えずに、
そのままひたすら稼ぎ続けるようなタイプの人だからこそ、
実際に年収12億円を稼ぐことが出来たのだと思います。

(本当に年収12億円だとしたらですが)

それに、これだけ日本で顔が売れてしまうと、特に彼の場合は
あまり好かれる方に顔が売れていないので、日本では
生活しにくいと思います。

シンガポールや香港など所得税率の安い国に住むことに
なりそうですが、それでも「あの人は今」のようなもので
取り上げられたりと、静かに生活するのは難しいかも知れません。

こう考えると、私が与沢翼さんの立場でも、
今すぐ引退するというのは難しいのかも知れません。

彼女だった山田るり子さんも反対するでしょう。
お金持ちはお金持ちで、いろいろ複雑なのかも知れない、
と思います。