お金持ちになりたいなら、手段を選ばずお金に向かって
まっすぐ進んでいく、という考え方は個人的に大好きです。

手段

音声も撮ったので、聞きながらだと、わかりやすいと思います。
⇒ この記事の音声を聞く

お金の亡者と言われるかも知れませんが、そのくらいの人の方が
本音で生きているので気持ちがいいと思います。

お金を求めるにしても求めないにしても、自分の求めるものには
正直に向かっていくべきだと思います。

そういう点では、与沢翼さんの生き方は尊敬に値します。

同じように他の人がお金を崇拝しても、彼ほどの行動力で
それに向かっていくことは出来ないでしょう。

与沢翼さんはただお金が好きというだけではなく、それを行動に
移せるレベルの情熱を持っているのです。

他のお金が好きという人たちは、行動に移せるレベルの情熱には
達していないのです。

情熱
実際問題、お金のためなら手段を選ばないという生き方は
問題があります。

最終的には警察や世間を敵に回すことになるので、そのままで
長く稼ぐことは出来ません。

しかし「手段を選ばない」という思想の本当の出番はここからで、
本当に手段を選ばない人というのはここで簡単に「いい人」に
変身することが出来るのです。

それがお金を稼ぎ続けるために最善であるとわかれば、
いい人のふりでも何でもする、それが真のお金持ちの
あり方の一つだと思います。

(もちろん、根っからいい人のお金持ちも沢山いるのですが)

中国人富裕層などはこういうスタイルが顕著です。
彼らは徹底的に自分の利益を追及するので、そのためなら
社会貢献でも何でもします。

このマインドは日本人も見習うべきでしょう。