愛の反対は無視である、というマザー・テレサの有名な言葉が
ありますが、これを逆に言えば、悪口を言うことも愛情である
ということになります。

叩く

音声も撮ったので、聞きながらだと、わかりやすいと思います。
⇒ この記事の音声を聞く

つまり、与沢翼さんを見て「うぜえ」と言っている人達は、
実は彼に愛情を注いでしまっていることになります。

いや、それは絶対にない。と言う人もいるかも知れませんが、
実際のところ、彼の利益になっているという点では、
彼を喜ばせてしまっています。

与沢翼さんのテレビでのイライラする成金ぶりは実は計算して
わざとやっているものです。

ああして嫌われてでもいいから話題を呼び、自分の
メルマガ読者を増やすことによって、さらにあらゆる商品を
売ろうとしているのです。

そもそも日本人は1億人いるため、そのうちの100人に1人に
好かれれば、それで100万人なのです。

大勢
100人中99人に嫌われてでも、1人に好かれればいいわけです。
むしろ99人に嫌われて彼らが話題にしてくれた方が、
この1人も集まりやすいのです。

そして、世の中にはお金持ちになりたい人、楽して稼ぎたい人、
お金に困っている人というのは星の数ほどいて、
100人に1人なんてレベルではないのです。

そう考えれば、与沢翼さんがテレビで敢えて嫌われるような
言動をして、注目を集めていることがいかに合理的な
広告宣伝であるかということがわかるでしょう。

与沢翼さんを叩くのはいいですが、それすらも
彼の思惑通りなのだと思うと、多くの人は腹が立つのでは
ないかと思います。本当に嫌いなら、無視をするのが一番です。