お金持ちになるためには、「お金持ちになったら
お金をどう使いたいか」を考えることが重要だと
よく言われます。

実際

音声も撮ったので、聞きながらだと、わかりやすいと思います。
⇒ この記事の音声を聞く

ここで大抵の人は「ポルシェを買って…」とか
「キャバクラに行きまくって…」とかなるわけですが、
これは非常に浅はかな考えです。

例えば与沢翼さんの場合は年収12億円なわけですが、
(これが本当だとしたら)税金で半分持っていかれて
手取り6億円となります。

ここで普通の人たちは「6億円であれも買おう、
これも買おう」となるか、もしくは「死ぬまで大事に
年300万ずつ使っていこう」などとなるわけです。

しかし、これはお金持ちになる人の発想ではありません。
お金持ちになる人は、この6億円を絶対に減らしません。

安全に運用することを考えます。投資する対象を分散して、
しかるべき人のアドバイスを受けながら運用すれば、
年率3パーセントで増やすことは簡単です。

不労所得
6億円の年率3パーセントは1800万円ですから、不労所得で
1800万円が毎年入ってくるわけです。

1800万円の場合、大体500万円ほど税金で取られます。
なので、手取りは1300万となり、この1300万円は
自分の自由に使っていいお金となります。

なので、与沢翼さんのように年収12億円あったら何に使うか?
と質問された時に、「12億円の使い方」を考える人は
完全にアウトです。

「半分取られるから6億円の使い方」と考える人は少しマシです。

そして、しっかりした人は「運用した後の不労所得で、
しかも税金を引いた後の1300万円をどう使うか」を考えます。

このレベルまで行ったら、お金持ちになるための第一歩を
踏み出したと言えるでしょう。