与沢翼さんを好きとか嫌いというのは個人の自由ですが、
自分でお金を稼いだことのない学生や、自立して
生活したことのない若者(最近は中年の方でも多いですが)が
批判する権利は一切ない、というのが私の率直な気持ちです。

ニート

音声も撮ったので、聞きながらだと、わかりやすいと思います。
⇒ この記事の音声を聞く

私自身かなりの年齢まで親のすねをかじって、いろいろなものに
打ち込んだり理想を唱えたりしていたのですが、
一人暮らしをするようになって生活に困ると、いかにお金が
大事かということがよくわかりました。

そして、お金の心配を今後一切したくない、お金のために
人に頭を下げたくないと思ったら、自然とお金持ちになる方法を
研究するようになりました。

おそらく、かなり多くの自立した大人の人たちは、
そういうプロセスをたどっていると思います。

そうなってなお与沢翼さんが嫌いというのはそれでいいと
思いますし、彼を批判する権利もあると思います。

しかし、自分で生活していないニートの人たち
(昔の自分ですが)には、はっきり言って何を言う権利も
ないと思います。

権利
ニートの生活は税金で成り立っています。
もしくは親のお金で成り立っていますが、親のお金も、
世の中のお金持ちが経済を回してくれることによって
成り立っています

(これは自分で独立して経営をしてみるとわかります。
誰かがサービスを買ってくれないことには、何も身動きが
取れないのです)。

ニートや学生では何もいう権利がないと言われるのが
悔しいのなら、さっさと独立するべきです。

実際与沢翼さんは中学時代から月収30万円を
稼いでいたわけですし、この点でも自立心という点では
自分が彼に劣っているということをよく自覚するべきです。

昔の私だったら、与沢翼さんの悪い部分だけを見て
間違いなく批判していたでしょうが、今は上のような理由から、
わりと支持する方向です。