ネットビジネスでも、稼いだ分に応じて税金が掛かってきます。
たくさん稼ぐよりも、節税をすることで、手元に残るお金が
増えるので、避けては通れないところです。

ネットビジネスやアフィリエイトの節税と経費について
ここでは詳しく説明していきます。


サラリーマンの収入の4分の1は税金や社会保険料で取られています。
つまり、私達は1年のうち3ヶ月を、
まるまる税金のために生きている
ということです。

サラリーマンの場合、お給料をすべて会社に管理されているので、
この税制に対してほとんど手出しができません。

これに対して、一度独立すれば手出しができます。
法人化していなくても、A4の紙一枚でなれる「個人事業主」でも
いいのです。

独立してビジネスをする時、特にサラリーマンより有利になるのは、
この「節税ができる」ということです。

ここでは、ネットビジネスやアフィリエイトをする時の節税と、
これに関する経費について
説明します。


■そもそも、税金はどういう時にかかるのか?

これは簡単にいうと「年収103万を超えた時」です。
これ以下の収入であれば、税金はほとんどゼロ円です。

(一応、年間5000円くらいの市県民税などを払う必要があります)

税金は、この「103万円を超えた分」に対して「何%」という形で
かかります。
たとえば年収が「104万円」だったら、税金は「1万円の5%で500円」、
という具合です。

(税率については諸条件で変わるので、あくまで例です)


■所得が増えると税金が高くなるので、「わざと」所得を減らす

この税制の通り、所得が増えれば増えるほど、税金が多くなります。
そこで「わざと」所得を減らすのが節税です。

もちろん、嘘をついてはいけません。
嘘をつく節税は「脱税」であり、完全な犯罪です。

節税というのは、法的に一切の問題がないように、この所得を少なくし、
税金を払わないで済むようにする(あるいは少なくする)ものです。

では、どのようにして少なくするのでしょうか。