与沢翼さんの年収12億円という話をきいて「うさんくさい」
というのも人の自由ではありますが、それだけあったら
自分は何をするだろう、と想像してみるのも楽しいのでは
ないかと思います。

セミリタイア

音声も撮ったので、聞きながらだと、わかりやすいと思います。
⇒ この記事の音声を聞く

その方が与沢翼さんが眼中から消えるので本当に与沢翼さんが
嫌いなのであれば、彼について言及するよりも、
そうやって自分のイメージトレーニングにふけった方が
いいのではないかと思います。

私だったら年収12億円あったら、やはりセミリタイアします。
私の場合ビジネスよりも遊びやスポーツや恋愛の方が
大事だからです。

健康だけはやはりお金では買えず、徹底的に体を鍛えてこそ
手に入るものであり、それをするための時間がやはりほしいと
思っています。

年収12億円ということは単純計算で手取り6億円です。

手取り
そして、ネット銀行の定期預金などの利息が高いところに
投資すれば、ほぼリスクなしで年率2.5パーセント程度の
利回りを得ることが出来ます。

ネット銀行でなくても三井住友銀行なども数年間で
2.8パーセント程度の高利回りの定期預金を出しています。

6億円のうち5億円をそれらに回したとしたら、それだけでも
ほぼ年収1000万を稼ぐことが出来ます(利回りで)。

なので、6億円の資産を減らさずに自由に1000万円を
毎年使えるということです。

正確にはその1000万円から180万ほど税金で持っていかれるので、
820万くらいなのですが、それでもそれだけ不労所得があったら
もう十分でしょう。

与沢翼さんの場合はそれで十分ではないから働くのでしょうが、
私だったらすぐさまセミリタイアします。