与沢翼は犯罪者なのか?と言われたら、現時点では
まったく違うと言えます。

犯罪者

音声も撮ったので、聞きながらだと、わかりやすいと思います。
⇒ この記事の音声を聞く

確かに被害者の会などは存在していますが、
何も書類送検などされていないですし、

出版社が紹介リスクを背負って著書を出しているということは、
やはり現時点では法的にはまったく犯罪者とは程遠い
ということです。

これは別に彼が正しいと言っているわけではありません。

法的な事実ということです。どれだけ被害者の会が
存在していようと、彼がグレーゾーンをうまくついて
彼らをだまして来た以上、現時点では
まだ与沢翼さんは犯罪者ではないのです。

グレーゾーンをついたらダメだというのであれば、
例えば消費者金融はすべてアウトです。

アウト
今ではグレーゾーン金利は撤廃されていますが、
昔はそのグレーゾーン金利で荒稼ぎをしていたわけですから。

そして、アップルやスターバックスなどの世界的大企業も、
極めてグレーゾーンをうまくつく方法によって、
法人税を限りなくゼロに近づけています。

グレーゾーンをつくという点では、与沢翼さんが
やっていることも彼らがやっていることも変わりはないのです。

法律は人を守るためにあるものですが、どうしても
グレーゾーンは生まれます。

そして、なまじ法律で守られている以上、グレーゾーンを
うまくつけばその人を攻撃することは警察でもできない
ということになります。

なので、与沢翼さんは今後も逮捕されないでしょう。
大事なことは、彼のような商法にだまされないように
するということです。