与沢翼さんの年収は12億円と言われていますが、これを聞いて
「12億円あったらあれも買って、これも買って」と言っている人は
お金の素人です。

手取り

音声も撮ったので、聞きながらだと、わかりやすいと思います。
⇒ この記事の音声を聞く

まずこのレベルになると税金は半分持っていかれるということを
知りましょう。なので、彼の手取りは6億円です。

さらに、やっかいなことに消費税というものもあります。

彼は12億円分のサービスを「販売」したわけですから、
その中には消費税も含まれています。

これは国のものですから、与沢翼さんから国に納税する
必要があります。

消費税は2014年の4月から8パーセントになりました。
ということは、12億円の8パーセントの場合、1億円近くに
なります。

消費税
所得税として6億円を納税した上に、1億円近くを消費税としても
納税するということです。

この時点ですでに彼の手取りは5億円まで減ってしまっているのですが、
さらにやっかいなことに法人税というものもあります。

与沢翼さんの収入は株式会社フリーエージェントスタイルの
「役員報酬」という形ですから、与沢翼さんの手元に渡る前に、
フリーエージェントスタイルの収入という形で計上されています。

その段階で法人税として30パーセントが取られますから、
もし彼がフリーエージェントスタイルの年商を自分の収入として
アピールしている場合、12億円からまず30パーセントを引くわけです。

そうなると3億円マイナスですから、この時点で9億円になります。
そこから消費税が1億円引かれて、8億円の半分ということで
4億円になります。

可能性
実際の与沢翼さんの手取りは4億円である可能性がある、
ということです。

(この辺りは内部事情を知らないと何ともいえないですし、
外部に漏らすわけもないですが。また、経費の計算などで
利益を減らせば法人税は安くなるので、この辺りは
もう少し計算が違ってきます。ここではあえて単純化しています)

私が言いたいのは与沢翼さんの手取りが4億円である、
ということではなく、「アフィリエイトで年12億稼いだ」
という場合、実際の手取りは約4億~5億になる、ということです
(14年以降)。

信じられないかも知れませんが、これだけ税金で持っていかれるのです。