与沢翼さんはゴマブックスに5000万を出資している
ということですが、これによって今後与沢翼さんが
出版業界でどのような影響力を持つのかということに
とても興味があります。

ゴマブックス

音声も撮ったので、聞きながらだと、わかりやすいと思います。
⇒ この記事の音声を聞く

すでに何冊か書籍を出版していて、どれもお金の力とは
言えベストセラーになっているので、今後ゴマブックスでも
一冊は必ず出版することでしょう。

ただ、与沢翼さんはもはやただの著者として本を出版するだけ、
ということは考えていないと思います。

おそらく規模の大小は置いておき、出版社を経営する
ということは確実に考えているでしょう。

どういう出版社になるかはわかりませんが、例えば
ダイレクト出版のようなオンデマンドに近い形式の、
ネットビジネスに近い出版社を設立することは、
今すぐにでも出来るのではないかと思います。

と同時に、彼がリアルビジネスに参入した後
どれだけ持つだろうかということも考えます。

設立
側近で有能な人は、佐世保バーガーの創設者などがいますが、
その方も含めてほんの一握りではないかな、
というのが率直な所です。

あとはデザイナーの小西玲太朗さんですが、彼らも含めて
数人程度でしょう。

それ以外で与沢翼さんの周りにいる人については、
あまりいい評価を聞きません。

基本的にリアルビジネスで名前を挙げた経営者たちは
与沢翼さんとあまり関わりたくないと思っているようですし、

彼のメインの収益源であるアフィリエイトの世界で
人気が落ちた後もいつまでこの状態が続くかということは
見ものだなと思います。