■アフィリエイトはもっとも節税がしやすいビジネス

実は、アフィリエイトというのはもっとも節税がしやすいビジネスです。
というのは一番の資産である「サイト」に対して、税金がかからないから
です。

いいサイトは金のなる木です。
しかし、そのサイトにどれだけの資産価値があるのかは、
同業者でなければわかりません。

たとえば不動産であれば、持っているだけで税金がかかります。
しかし、サイトは不動産のようにお金を増やしてくれるのに、
税務署がその資産価値を把握できないため、税金がかからないのです。

そのため、たとえばあなたが一つのサイトで毎月100万稼いでいたとします。
その100万を、サイトを強くするためにどんどん注ぎ込めば、
そのサイトは毎月200万稼げるようになるわけですね。

それでも、見た目の利益が出ていない(全部再投資したから)ということで、
あなたは1円も税金を払わなくていいのです。

サイトというのはこのように「見えざる資産」なのです。
今後もサイトに課税するというのは難しいので、
当分の間この状態は続くでしょう。

もちろん、資産になるようないいサイトを持っていなければなりません。
それがあってこその節税ですが、それさえあれば、
普通の業界ではできない節税ができる、
というのもアフィリエイトの大きな魅力と言えるのではないでしょうか。

————————————

以上、ネットビジネスやアフィリエイトの節税や、
経費の仕組みについて
語りました。

節税を「せこい行為」と思う方もいるかも知れませんが、
そうした方は、アップル、Facebook、Google、アマゾン、
スターバックスなどの企業も、軒並み税金をほとんど払っていない、

という現実を知るべきでしょう。

Googleは本来40%近い税金を払うはずなのに、
わずか2%程度しか払っていません。

アマゾンは日本でこれだけ活動しながら、1円も日本に払っていません。
スターバックスは過去15年間程度で、1回しか納税していません
(これが原因で世界的なボイコットが起き、
 自主的に追加の納税をしたこともありました)

というように、強い企業は皆徹底した節税をしているのです。
個人単位でも、問題のないやり方であればどんどん節税をするべき、
というのはビジネスの真実といってもいいでしょう。

これからネットビジネスやアフィリエイトで稼いでいきたいという方は、
こういう実務的なことにもどんどん強くなっていただきたいものです。

慣れてくると、節税の勉強というのはゲームのように楽しいものです。
(もちろん、一切の嘘をつかないようにするという条件ですが)