■服代を経費にする方法

服代は「被服費」という経費の項目があります。
普通は「工場の作業着」などに使われる項目です。

ネットビジネスの場合、服代はもっとも経費にしにくい項目です。
ただ、「人に会うことが多い」「YouTube動画をアップしている」
という人の場合は、少し経費にできます。

人と会う時は、当然裸では行けません。
なので、少なくとも「その時間分は経費になる」ということです。

たとえば、あなたが1万円のジャケットを買ったとします。
そして、それをネットビジネスの懇親会やセミナー(自分がお客の時)
などに着ていったとしましょう。

それらの行動が確実に1万円を生み出した、ということが証明できれば、
1万円全額とは行かなくても、5000円くらいは認めてもらえる可能性が
あります。

実際、ダサい服を着ていったら、その懇親会で
新しいビジネスのチャンスを逃したかも知れないからです。

セミナーのお客さんではなく、「自分が講師としてしゃべる」場合は、
さらに経費にしやすくなります。
これも当然ですね。講師がボロボロの服を着ていていいわけはありません。


・服の場合も、海外だと経費にしやすい

服もやはり、海外に出ると経費にしやすくなります
これも「海外事情」の勉強になるからです。

「服屋で見るだけでわかるじゃん」と思われるかも知れませんが、
それは大間違いです。
途上国の安い服などは、「洗濯したら一気に色が落ちる」
ということもあるからです。

服というのは、買って使ってみなければわかりません。
なので、海外の事情をより詳しく知るための投資として、
海外での衣服代は経費にしやすくなります。

ただ、これも金額が大きい場合は否定されることが多いです。

「あなた、まだ将来への投資とか、海外事情とか、
 言えるレベルじゃないでしょ」


と言われるようなレベルの収入の場合、否定されることが多いです。
税務署の方が見ても「確かにこれだけ稼いでいれば、
そろそろ海外進出を意識する頃だな」
と自然に感じられる、
そういうレベルであれば経費にしやすいです。

(結局のところ、節税というのは「真面目にビジネスをしているかどうか」
 に尽きるんですね。当然ですが)