与沢翼さんはどんな音楽が好きなんだろう、
とふと考えることがあります。

対極

音声も撮ったので、聞きながらだと、わかりやすいと思います。
⇒ この記事の音声を聞く

好きな歌手とかバンドなどについてはブログなどでも
語っているかも知れませんが、そうしたバンド名などではなく、
どういう音楽を聞いたら心にぐっとくることが
あるんだろうか、ということが気になります。

というのは、そうしたことにはその人の本質が
現れているからです。

たとえば中島みゆきの音楽を与沢翼さんが
好むということはまずないでしょう。

基本的に中島みゆきの曲は庶民のための曲です。

「まばたきもせず」という代表曲には
「あのささやかな人生を無駄と笑う人もいるだろう」
というフレーズがありますが、

これは明らかに一生働き続ける庶民の生活を謳っており、
与沢翼さんの思想とは対極にあるといえます。

庶民
別に与沢翼さんと中島みゆきさんのどちらが正しい
というわけでもなく、どちらかの人生を手にしたら、
どちらかの人生が理解できなくなるということは
あるのだろうなということです。

与沢翼さんは中島みゆきの曲に感動できないでしょうし、
自分でそういう曲を作ることもできないでしょう。

そして、中島みゆきの曲というのはやはり日本人の
支持率がもっとも高いものの一つであり、与沢翼さんは
そうした「日本人の支持率の高い精神性」が一部欠如して
しまっているということです。

何かを獲れば何かを失うという言葉がありますが、
与沢翼さんは年収12億円という大金を手にした代わりに
いろいろ失ったものもやはりあるのでしょう。